6年「読解力・理科力講座」

6年「読解力・理科力講座」概要

君の合格“確実度”をアップする!

毎週火曜日は武蔵小金井教室、水曜日は池袋教室で講座を実施します。
「読解力・理科力講座」では、検査Ⅰの「客観記述」力や、検査Ⅱ・Ⅲの理科の生物・地学分野の学習を応用・発展的に使いこなせる力、繰り返しの計算練習による確実な計算力を身につけ、合格“確実度”をアップします。

1年間を通じて、第1期・第2期・直前の全3期の講座を予定しています。各回ごとに完結する内容を実施しますので、任意の回を選択して受講できます。

・客観記述力
課題文の中の傍線部分から読み取れる筆者の考えや言いたいこと、さらに、そこでの表現が意味することがらを記述させるといった「客観記述」問題に特化した授業を展開し、確実に得点できる“ワザ”を伝授します。

・計算力
割合の計算や大きな数の割り算、四捨五入などの計算を繰り返し行い、確実に身につけます。さらに、スピードアップを目標に取り組みます。

・理科
生物分野(動物、昆虫、植物など)・地学分野(地層、天体、気象など)を中心に、教科書の学習内容を超える検査問題に対して応用・発展的に使いこなせる力を、練習問題を通して養います。

実施時間・教室

毎週火曜日は武蔵小金井教室、水曜日は池袋教室で講座を実施します。

武蔵小金井教室 池袋教室
火曜日 水曜日
午後5:20~8:40 午後5:20~8:40

※ 各回ごとに完結する内容を実施しますので、任意の回を選択して受講できます。

講座内容

検査Ⅰ対策 検査Ⅱ・Ⅲ対策
検査Ⅰ対策 検査Ⅰは「作文問題」ですが、最近の都立中学の出題傾向を見ると、自分の考えや思いを200字~400字程度で論述するいわゆる作文問題だけでなく、課題文の中の傍線部分から読み取れる筆者の考えや言いたいこと、さらに、そこでの表現が意味することがらを記述させるといった「客観記述」問題のウェイトが目立つようになってきています。いい作文は書けるのだけれど、この「客観記述」がいま一歩正確性に欠け、得点をもう一段のせきれず、本番で不本意な結果に終わってしまっている講座生がいます。とても残念でなりません。いわゆる「作文」で求められる、自由な発想や厚い理由づけ、論理の展開ができる能力と、「客観記述」問題を正確にとらえ、記述する能力とは別ものと言ってもいいでしょう。「読解力講座」では、その「客観記述」問題に特化した授業を展開し、確実に得点できる“ワザ”を伝授していきたいと考えています。「合格講座」での作文力と、「読解力講座」の記述力の二本立てで、来年の検査Ⅰでは90点以上を取り、志望校合格を確実なものにしていきましょう。
検査Ⅱ・Ⅲ対策 ・計算力…解き方がわかっても、計算が合わなければ正解にはなりません。都立の検査問題では、割合の計算、7ケタ÷8ケタなど大きな数の割り算、四捨五入などさまざまな計算力が求められます。計算力は練習すれば練習した分だけ確実に身につきます。まずは答えが合うこと、次に、スピードアップを目標に取り組みます。
・理科…通常の「合格講座」では、次年度の検査問題対策として物理分野・化学分野の予想問題が中心となります。そこで、「理科力講座」では、生物分野(動物、昆虫、植物など)・地学分野(地層、天体、気象など)を中心に、教科書の学習内容を超える検査問題に対して応用・発展的に使いこなせる力を、練習問題を通して養い、本番で90%以上の得点を狙っていきます。

2019年度 実施日程

第1期「読解力・理科力講座」 4月9日(火)開講予定
第2期「読解力・理科力講座」 日程等詳細は決まりましたらご案内致します。
直前「読解力・理科力講座」 日程等詳細は決まりましたらご案内致します。

講座風景

これから受付の講座

講座はありません。

終了した講座

まだ終了した講座はありません。